忍者ブログ
[228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久しぶりに、昼間になにも予定がない(何週間ぶりだろう。。。)、ということで、徹夜の気合でゲームをしようと思い立つ。

選んだソフトは『ピニャータ2』。
前作も遊んだ庭を造って、変な動物ピニャータを我が庭に呼び込むゲーム。

ピニャータのパッケージの裏には説明があります。

『ピニャータ』ってなあに?
海外のパーティなどで使われる、カラフルな紙で出来たくすだま人形のこと。中にはキャンディーなどのお菓子が入ってるんだよ。

だそうですw
謎が深まるばかりです。
一見パッケージを見ると購入を躊躇してしまうようなデザインですが、ゲームの中身はなかなかハマってしまうしっかりとしたゲーム性と、キモカワイイ『ピニャータ』と住人達(マジで狂ってる人たちが多い)が織り成す、理解されづらいけど、理解したらその濃ゆいゲームの世界にどっぷり浸かってしまうほど。

と、気合を入れてプレイしましたが、ピニャータダンスを観てるうちに、眠くなってしまいあっという間に就寝w

ただいま開催されている東京ゲームショー、一番充実したブースを展開しているのはXbox陣営のようですね。
日本のメーカーはいったいどうしたんでしょうか?
このままだと次期ハード抗争の時にXboxに市場を奪われかねないですよ!
私はオンリーXbox派(WiiもPS3も持ってるけど)なので、桜庭選手が一気にプライドを駆け上がって行ったような姿を、Xboxを通して見れそうで嬉しいですけどw

辛いことをいえば、DSiはほんの少し画面を大きくして、30万画素のカメラを付けただけで、値段は上がるわ、なによりバッテリーの持ちが悪くなるわで、どこを目指してるんでしょうか?
PS3も、HDDの要領をちょっとばかり大きくして、値段を据え置いても(たとえ同梱のソフトを付けてもユーザが欲しいソフトとは限らないので)市場のHDDはもっと値崩れ起こしてるし、PSで育てた『鉄拳』までXboxに奪われてオンリーコンテンツを逃がしました。

MSマネーの傘の下でと揶揄されながらも、地道に頑張っていたのは実はMSだったということでしょうか。

一瞬気を抜いたら、滑り落ちてしまう自由主義競争のど真ん中にいるのです。
これはプロレスも一緒。
キャリアや実績を度外視して、プロレスの向上に日々打ち込む奈苗さんの姿こそ、私が見習うべきものであり、各選手がプロレス市場の1コンテンツとみなせば然るべき姿勢なはず。

無理のある市場形成には、この度のアメリカ金融の崩壊のように、あるべき姿への浄化作用がはじまります。
常に本物を追求して、提供し続ける姿勢。
バトラーツの石川さんがよく話をされるのですが、贋物はいつか底が見えて、周りが気がついてしまうときがくると。

フリーの奈苗さんが、短期間でベルトを握ったことは、非常に意味のある事になるかもしれない。し、そうならないかもしれない。
団体所属の後ろ盾がない選手に、大一番の舞台でベルトに挑戦させた甲田さんもチャレンジングだし、結果を残した奈苗さんも流石だと思うけど、この出来事が偶然ではなく必然だったといわれることになるよう、同じユニットの仲間として、パッション・レッドも含めプロレスを妥協無く盛り上げていかなければいけないと思いました。

話は変わるけど、先日のWAVEも春日の誕生日ということを抜きにしても、平日での興行で入場者が増え始めたことは、GAMIさんがニーズを握んでるんだろうなぁ。
団体間でお客さんを奪い合っても、所詮結局は市場の絶対数からの奪い合いなだけで、理想は全ての団体の入客(新規)が少しずつでも伸びて、そのなかで団体の規模の大小バランスが形成されることが望ましいし、私は少しでも、女子プロの世界に足を踏み込んでもらえるように導かなければと思う。

ゲームからプロレスへ自然な流れの日記でした(上手くまとまったカナw)。

何はともあれ、12日の大阪大会は『パッション・レッド大暴れの巻』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
お疲れ様ですq(^-^q)
プロレス村の人口は変わっておらず、行き先が増えただけ。

って言う方もいますが、そうなんでしょうね。



団体カラーが好きな人、選手が好きな人など分類はあるとは思いますが、何よりもプロレスが好きになるきっかけが不足しているかもしれませんし、冷静にニーズに合った市場を開拓していく企業・選手が減っているのかもしれません。


ファンとして、プロレス好きな立場ではなく、客観的な視点を持つ事が重要な時代に突入なったかと思います。



弛み無い考察は、非常に勉強になりますq(^-^q)
いつもありがとうございますm(__)m

立場は違えども、お互い頑張っていきましょう(。・ω・)ノ゛
孝次 2008/10/10(Fri)14:16:06 編集
無題
プロレス界のゲーム評論家の華名さん、こんばんはですo(^-^)o 東京ゲームショーに華名さんが現れたら会場がパニックになりそうで、心配やぁ(^O^) ゲームと言えばプライドで桜庭選手が快進撃を続けてた時、試合直前まで控室でゲームを良くやってたなぁ(^-^)/ リラックスして自然体で試合に臨んでましたね!この前のWAVEは平日やのに160オーバー確かにGAMIプロデューサーはなかなかやり手やね!! でもボクが思うには、毎回あれだけの華名ちゃんの熱いファイト、華名ファンだけでも千人は集まっても不思議じゃないと思う\(^_^)/ でも集まらないって事は華名を知らない人が多いのか?わかる人には、わかる。一度、華名の試合見たら、必ず次も見たくなるはずやけどなぁ~。女子プロブームより、まずは華名ブームを起こしましょうv(^-^)v 長々とごめんなさい。大阪、楽しみにしてます。
秀ポン 2008/10/10(Fri)19:07:35 編集
本物
お疲れ様です。ゲームはわかりません(笑)華名さんの話についていけません(笑)プロレスについてはWAVEの闘いがお客さんの心をつかんだんではないのでしょうか!?熱いし面白いもん!僕はバトラーツ、フーテン、WAVE、息吹、ゼロワンのバチバチした闘いと選手とそこのリングにあがる他団体、フリーの若手選手が愛おしくてたまらない!まだ観なきゃわからないが僕の思いとしては女王バチに出る選手が愛おしくてたまらないと言いたい!なんか大谷社長になりましたね(笑)これからこのブログでゲームを勉強させてもらいまーす。
藤原組好き! 2008/10/10(Fri)22:58:02 編集
無題
ゲーム機はプレステ2しかない私の好きなゲームは絶対絶滅都市1と2です災害て怖いて思うゲームです
パッションレッド最高です
陰陽師 2008/10/10(Fri)23:02:15 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
華名
年齢:
36
性別:
女性
誕生日:
1981/09/26
職業:
プロレス&ライター
自己紹介:
一時プロレスを引退するが復帰。プロレスラーでもあり、ホームページ・チラシ・ポスター等の製作会社『デザインオフィス華名』を立ち上げ、ゲームハードのXbox360が好きということで『ファミ通Xbox360』のライターもしています。

◆大阪芸術短期大学部卒業後、広告代理店でデザイナー となる。
◆2003年6月プロレス団体アルシオンに練習生として入 る。
◆デビュー戦…2004年6月16日
 東京・後楽園ホールにおけるvs玲央奈
◆タイトル歴…全女タッグトーナメント04準優勝
 (パートナーは堀田祐美子)
◆得意技…ロマンアタック、ロマン固め、ロマティストプレス
◆プロレス引退後、デザインオフィス設立
◆2007年9月22日 VS高橋奈苗でプロレス復帰
バーコード
ブログ内検索
最新コメント
[12/17 陰陽師]
[12/16 けんち]
[12/15 チーム桜畑]
[12/14 モテナイもぐら]
[12/14 秀ポン]
最新トラックバック
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]