忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

華名ブロを華名ブロ2へ移動です。

華名ブロ2はこちら
http://ameblo.jp/anak-anak/
PR
29ae2238.jpeg



















石川さんの日記にたまに書かれていますが、もくもくと練習を重ねています。
キック、サブミッション&スープレックス
たまに
ヒップ、サブミッション&スープレックス

そんな女王バチの一部カードが決定です。

決定カード
《セミファイナル》 
風香vs夏樹たいよう 
《シングルマッチ》
山田よう子vsエスイ 

■女王バチ 
■12月28日(日)18時開始 
■新木場1stリング 
■最前列5000円 
指定A 4000円 
指定B 3000円 

■予約はメッセージにて

=====
華名デザインの情念キャップ製作中

=====
新パッションTシャツ
新華名Tシャツ
ともに鋭意製作中

=====
『ラストレムナント』クリア
とても戦闘が濃くて、もうヘトヘトですw

終わったので、
『テイルズ オブ ヴェスペリア』開始しました。
こちらはサクサク小気味よく進みます。
創った方が知り合いになったから言うのではなく、お世辞抜きで素晴らしい具合です。
もう少し進んでから、感想を書きます。
皆さんも買ったほうがいいですよ!いやマジで。

=====
『バンジョーとカズーイの大冒険:ガレージ大作戦』入手
『メテオス ウォーズ』入手

『FALLOUT3』入手待機中
『FABLE2』入手待機中
『ディシディア ファイナルファンタジー』入手待機中
『DSi』入手待機中
来る12月21日18時より、忘年会を開催いたします。

■料理:鍋料理
■飲み物:ビール、ソフトドリンク飲み放題
■イベント内容:
試合映像を観ながらトークショー
ゲーム(勝者にはプレゼント)
カラオケ(ゲームでの勝者は華名とデュエットw)
華名秘蔵グッズオークション
その他もりだくさん
■場所:ホテル メトロ The 21のバーラウンジ(ホテルのロビーで集合してから移動します)
ホテル メトロ The 21
大阪市中央区宗右衛門町2-13 TEL:06-6211-355
地下鉄・近鉄・南海「なんば」駅14番出口より徒歩約10分
■料金:7,000円(参加者全員に特別グッズ付)
※子供は半額

参加者はメッセージください。
コチラまで
↓↓↓↓↓
info@kana-kana.jp

~~~~~
当日21日は13時より、大正アゼリアにてMAKEHEN大阪興行に参戦いたします。
対戦カードは
華名&紫雷姉妹VSアップルみゆき&ミカド&X
です。
こちらのチケットをご希望の方もメッセージください。

試合後のイベントになりますが、クローズドのスペースを貸切でご用意いたしております。
寒い冬の忘年会ということで、食事も鍋をご用意いたしました。
ということで、大いにもりあがりましょ~
大阪で21日MAKEHEN終了後(13時開始なので、終了後で夕方くらいから)イベントをするとしたら、参加希望者はどれくらいいるかと聞かれたので、この場をお借りしてお聞きいたします。
参加希望の方はメッセージいただけますでしょうか!
↓メッセージはコチラまで↓
info@kana-kana.jp

※まだ希望調査なので、確定ではございませんのでご注意ください。
7日は、元気&奈苗&夏樹&華名の4人ユニオンとなった初のパッションレッドです。

こんなに凄い試合をするなら、もっと早く組んで欲しかった。
こんなに熱い試合をするなら、まだまだ観ていたい。
こんなに激しい試合をするなら、ずっと一緒の空間にいたい。

映像には残るでしょう。
でも、“生”で観戦できるのは最初で最後12月7日だけ。

始まりの日が終わりの日という運命を背負ったユニオン。
一般相対性理論でいうところの『始まりの特異点』こそパッション・レッド 「何もないところから、無限大のエネルギーが出てきた」つまり、ゼロと無限大の同居

パッション・レッドは宇宙になることが出来るか!

=====
大阪参戦興行情報
■大阪プロレス 12月19日(金)19:00開始
場所 アゼリア大正
松山勘十朗
くいしん坊仮面

菊タロー
華名

■MAKEHEN 12月21日(日)
場所 アゼリア大正
華名
ミオ
イオ

アップルみゆき
ミカド


■WAVE 12月23日(火)17:30開始
場所 デルフィンアリーナ
華名
及川千尋

藪下めぐみ
AKINO
例えば初代『ドラクエ』は日本ではイノベーションであり、疑いの余地なく名作だった。
しかし、いま当時のままのソフトを遊べ! と言われても、今となってはUI(ユーザインターフェイス)も設計もオールドファッション、つまり旧式すぎて不便極まりなく最後までやる気が持続しない。

だから、最近では『ドラクエ4』などが今の時代に合わせた設計でリメイクして発売される。そして売れる!それが “クラシックスタイルの現代版”! 超名作でさえ時代に合わせたリメイクが必要なのです。

昔は一時代を築いたとしても、それは過去のこと。
“昔は凄かった!”この言葉に踊らされ、いまの時代に妄信しても、いま目の前にある現実は“今”だから通じないこともたくさんある。

今に合った技術を取り入れ、研究を重ねる。
それを今のニーズと融和させる。
それが出来なかった日本のソフトハウスいくつかは、一気に遅れをとった。

ソニーのブラウン管とニーズへの拘りは、次世代に来るであろう液晶やプラズマの研究に遅れをとらせた。
トリニトロンブラウン管で世界的なシェアと技術を誇っていたのもつかの間、現実は、自社での供給を諦め他社との技術協力の道を歩むこととなった。相当な屈辱だっただろう。

『昔は凄かった!』 確かに功績は大きいとしても、常に時間の中で技術は進歩して歩みを止めない。
古い観念や拘りは、一瞬にしてオールドファッションとなり、時代錯誤になる。

クラシック音楽でさえ、今の時代の指揮者の解釈で演奏される。
絵画だって日ごとに価値を上げるものもあれば、時代の解釈で価値を失っていくものもある。

良き頃を知っているからといって、今に合わせた有効活用が出来なければ、ただの記憶でしかない。

ニーズは己の好き嫌いとは別の問題。
カルチャーの送り手として、盲目になってはいけない問題だと思う。

受け手側の支持が増えなければ意味がない!
受けて側に対し、理解できない奴がバカだなんて考えは驕り、支持されない方向に努力しても報われない。

今日のパッションレッドの練習は石川さん指導の下、凄く楽しかった。
このまま更に継続したら、今までの女子にはなかったけど“必要な技術”が圧倒的に身につくだろうな~。
あとは女子プロにどう巧く馴染ませれるか! 武器は沢山あっても無駄にならない、むしろ適材適所必要なものをセレクトできる幅が広がる。

パッションレッドは試合の質もユーモアも何もかも完膚なきまで、最高のユニットにしないと! 全く異なるスタイルのトリオがものの見事に融和するようにと思いつつ、パッションレッド新Tシャツのデザインの大枠が決まりました。楽しみにお待ちください!

最近はU.W.F~バトラーツまでの映像を沢山観てるけど、バトの試合はUを限りなく現代解釈して面白くしてるんだな~と思った。バトラーツもクラシックスタイルの現代版のひとつなのかも。

過去の名君も、現代では必ずしも名君となれるわけではない。

ゲームをする人は分かると思うけど、昔楽しかったゲームをいまやってみたら。。。アレ?ってことがあるよね! それだよw
本日はご来場ありがとうございました。

今日は、試合後に元気美佐恵センパイをパッションレッドに勧誘w
最初は渋々ながらも勧誘にヤッター成功!(え、マジで!?w)

そんなことで、今日からパッションレッドは4人組になりましたw

先日の吉江祭でシングルをしたときに、美佐江センパイ(笑)を女子プロ最後の聖域と例えましたが、Miss Big Misae Genki の聖域を併合です。

奈苗さんの計らいで、夏樹と私に引退までの美佐江センパイを仲間として感じてくれ! と、なんという後輩思い(涙)

美佐江センパイ引退のその日まで、ビーフジャーキーの如く噛み締め、味わいつくそうと思います牡牛座
『ラストレムナント』発売日です。
http://www.square-enix.co.jp/remnant/
スクエニのサガチームが放つ大作RPG!是非!

ついでにまだ持っていない方は
『テイルズ オブ ヴェスペリア』も買うべし!
テイルズシリーズ最高傑作の呼び声高い、超RPG!是非!
エクスボクサー諸君!今こそヴェスペリアンになるときだ(私ふくめて)!w
http://tov.namco-ch.net/

そして、これから私が練習に行ってくるッスw私自身をアップデートしてくるッスw

P.S 私は、新Xboxを買うことを決意しましたw20Gではサイズが足りず、HDDを買うなら、あと少し足せば本体ごと買える!ではないか。ということで2代目のXboxいっちゃいますw

※画像はラストレムナント、TOV、華名アバター


追記

12月21日MAKEHEN大阪興行が決定しました。
12月23日WAVE大阪興行が決定しました。
その付近にもう1興行参戦する可能性あり。
今日は、佐山さんのジムで、先日のバトラーツでは壮絶な試合をしたらしい、石川さんとスーパータイガーさんに練習していただきアップデートしてきました。
たっぷり日が暮れるまでレクチャーを受けました。

その後、そそくさと家路につき、帰宅後すぐにXboxのアップデート開始。
早速アバターを創り、軽いPCでの作業中ムネタツ編集長とメッセンジャー。

今度、某巨大メーカーの偉い方達が私の試合を観にきてくれるそうです。
モーションキャプチャーが必要な際には、パッションレッド(奈苗、夏樹、華名)を是非ご用命くださいw

試合を観ていただければ分かるかと思いますが、夏樹がいるので、人間には不可能そうな動きもなんとか都合がつきますし、奈苗さんはプロレスやレスリングの動きなら何でもござれで、レスラーキャラのモーション撮りにはバッチリですw
そして、私は言われたとおりの、出来うる限りの動きをしますので、クリーチャーのモーションなどいかがでしょうか?w

モーションキャプチャーをさせてもらえればギャラなんていりません(笑)、ただ、たっぷりのおいしいお菓子だけで十分ですブタ

ゲームメーカーさん、モーションキャプチャーが必要な際には、わたくし華名にご相談ください。ご希望の動きにマッチした選手を探して派遣して、経費削減に協力いたします(笑)。

モーションキャプチャースタントマン(やってみたい)華名

P.S Xboxは所持しているソフトが丸見えなのでいと怖しw
ファミ通Xboxのコラムが終わりました。
締め切りギリギリになってしまって、いつもすみません涙

そんなこんなで、今年もラスト12月に向けてラストラン!

先日はパッションレッド練習でした。
少々スキルアップした帰り道、夏樹も同じ方向に用事があるということで一緒に帰路に。
あ~だこ~だと話が盛り上がり(笑)、やっぱりデビュー当時からの唯一の心の友、夏樹とは考え方が合うな~ウインク
プロレスラーとして考え方の醜態は晒したくないよね!と、あくまでプロレスラーとして名乗る以上は凛とした態度の哲学で望みたいなとわーい(嬉しい顔)

そんなことを話しながら考えていると、ふと復帰して約1年ですが、物凄く昔のことと思えるほど充実した1年だったな~としみじみ。

約2年のブランクを埋めるには、同じ試合数をこなしても差を詰めるほど駆け寄れるわけもなく(練習だけでは無理)、他の選手よりも出来る限り多く試合をすることも必要だと思い、今年はグレプロから始まったわけですが(最近オファー来ないなぁ(笑))

今年は最終的に約120試合くらいで終えそうで、奈苗さんで復帰したときは、奈苗さんと組んで1年の最後を終えるということも、夏樹と合流することも全く想像が出来ませんでしたw

パッションレッドのおかげで向上心が更に刺激され、必然か偶然か石川さんと出会い怒涛の練習を重ねたりと、フリーとは思えないほどの環境とホームと言える居場所まであるんだなぁと(フリーという個人プレーヤーという気がしないw)。

半年前の出来事でさえ、遥か昔のことに思えるほど充実したなと、今年の最終月を控えそんなことが頭をよぎりました。

さて、明日もまた練習です。
新しいデザインの仕事も入りましたし、AJ(アートジャンキー)さんとも企み第1弾を進めなければいけませんw

ということで、今日はほんの数時間ほど買い物に行ってきましたw
ラコステで服を2着、TOD'Sで靴を購入。
アマゾンで『ラストレムナント』予約w

さて、明日(今日)はXboxの大アップデートです。
私自身も練習でアップデートしてきますw
時は11月雨の降る晩、我が心の聖地秋葉原にて、先の後楽園大会を終えたパッレーは新たな船出へ旅立つために、密会をしてきました。
“覇”を争う三国志の様相がNEOで繰り広げられます。

山は高きを厭わず
海は深きを厭わず
周公哺を吐きて
天下心を帰す

※1月10日のパッションレッド興行『1PASSION』のパッションシートが残り僅かとなっております。限定グッズ&1パッションつきのスペシャルシート!お求めの方はお早めにプレイガイドでお買い求めください。
その他の席もパッションメンバーかプレイガイド、売店にお問い合わせください。

11月24日 NEO
(月祝)板橋グリーンホール(17:00)
30分一本勝負
高橋奈苗
夏樹☆たいよう
華名
vs
松尾永遠
渋谷シュウ
Ray
=====
我が心の故郷、大分に、現女子プロ最高のマエストロ高橋奈苗上陸。
マエストロの奏でる演奏は筆舌に尽くし難し

プロレス観戦して、温泉入って、地酒に山の幸海の幸
旅行しながらいかがですか!?

11月30日 大分FTO
(日)別府ワンダーラクテンチファミリーホール (15:00)
45分1本勝負
高橋奈苗
華名
vs
夏樹☆太陽
渋谷シュウ
=====
『RINGSTARS Vol.1』
11月11日(火)大都社より発売、2009年カレンダー付きで1000円。
※お近くの書店に置かれていない場合は、店頭から注文できます。

私のインタビュー記事のページだけデザインが違うのは、ページデザイン及び構成は全て私がやっているためです。
=====
12月30日
デビルさんの興行カードが決定しました。

12月30日(火)17時試合開始[16時開場]
WAVEプレゼンツ(10分1本勝負)
GAMI
木村響子
闘牛・空
渋谷シュウ
vs
桜花由美
春日萌花
チェリー
華名
吉江豊ふるさと祭りから帰りました!

なにやら物凄いメンバーの興行でしたexclamation ×2

ワイルドな試合が素敵、ベアー福田さん
道場時代、何気に試合をよく観ていましたよ南野さん
お久しぶりにお逢いしました、嵐さん
身体も試合も全てがマッチョの関本さん
デジレス(デジタルレスラー)フレンド菊さん
Uの系譜かっちょえ~、長井さん
バトラーツ繋がりのA・大塚(男盛り)さん
相変わらずカッコいいですU・ドラゴンさん
セントーンの名手、ヒロ斉藤さん
タイガーマスク戦は今見ても凄いグラン浜田さん
マットでの存在感無限大のリアル無我、藤波さん

本日主役の吉江さん。
実は今日が初接触でして、シェーク‐ハンドでご挨拶。
巨体が動く様は大迫力でした。
そしてMr.チャーミングでした。

私はというと、元気さんとシングルでした。
引退を控えた元気さんとの試合はコレが最後! メモリアルファイトexclamation ×2

こんな機会をいただきまして有難うございました。
と感傷に浸っては失礼ですので、ハードに遠慮なくあたらせてもらいました。

元気さん激強!

もう二度とこんなビッグサイズの選手が出ないかもしれない。。。プロレスラーを体言できる女子最後の聖域。

今日も有難うございました。

これから軽く食事しますブタ
デジタルプロレスラーの称号持つ、ITレスラー仲間“菊タロー”さん率いる『アキバプロレス』の記者会見に行って来ました。

12月29日ディファ有明で開催される今回の大会は、なんと!ゲームメーカー各社の協賛を得てゲームとプロレスがリミックスされますw

株式会社スクウェア・エニックス『半熟英雄』からはエッグマンがダンボール肉マンと対戦決定(笑)。ゲームをご存知の方はお馴染みかと思いますが、エッグマンの必殺技はエッグチョップとエッグキックという恐ろしい必殺技を持っています。
そして、HPは1なので、一撃でやられてしまいますが、HP1でどうやって戦うのか、私自身とても興味深いところですw

第二試合は、漫画『天体戦士サンレッド』とコラボです。
サンレッドはアキバファイブと組んで、礼儀正しい悪の組織フロシャイム(川崎支部)のヴァンプ将軍が送り込む怪人と戦います(笑)。

第三試合は、おでんカーン、アップルみゆき、佐藤光留(予定)です。

セミファイナルは、株式会社カプコンの『ストリートファイター4』とコラボ!(ちなみに家庭用はXboxとPS3で2月発売予定)
円華と南野タケシ両氏がスト4のコスプレで戦いますw希望がない場合はダルシムとエドモンド本田になってもらうそうですw

そして、メインは。。。おぉ~凄い(笑)
また後ほどw

アキバプロレス有り得ないほど魅力的だと思いませんか?私はよだれが止まりませんw
代田橋のマイクロソフトの仕事を終えて、すぐ近くにアートジャンキー(AJ)さんがオフィスを構えたということで、お邪魔しに行きました。

http://www.artjunkie.jp/

デザインやプロレスの話が尽きません。
今はデザイナーをしていますが、実は昔、かのカール・ゴッチ師の元へ修行をしに行ってるのでございます。
ゴッチさんといえば、石川さんも大変縁のある人ですから、間接的とはいえ私とAJさんは同門なのですw

ということは、お互いのイラストのスタイルは物凄くポップですがストロングスタイルに根ざしたものなのです(笑)

このプロレス界、デザインを生業にしているのは、富豪2夢路さん含めて3人しかいません。

富豪2夢路さんは、なんと大相撲のイラストデザインをしています(どうやって日本大相撲協会をクライアントにしたのでしょうか?不思議で仕方があ りませんw)、AJさんは最近では、ゆでたまごさんとキン肉マンのイラストでコラボしています、ここで私が遅れをとるわけには行きません!プロレスでは奈 苗さんや夏樹に触発され、デザインでは富豪2夢路さんやAJさんに触発されて、いつも向上心を刺激してくれる環境に恵まれています。

そんなこんなで、AJとAM華名(アートマッドネス華名)が“AJ華名”としてなにかしらの作品をリリースする時は近いかも!w

ということで、AJさん何をしましょうか!(笑)

※訂正です
AJさんより
=====
1つ訂正すると、修行していたところは、フロリダ・タンパのマレンコ道場で、ディーン・マレンコに教えてもらってました。
あとカール・マレンコと練習したり・・・。

ゴッチさんの家には行きましたが、残念ながらお話を聞いただけですね。
某野人と一緒です(笑)
なのでゴッチ直伝と言う気は更々ありませんのであしからず・・・。
でも貴重なお話を聞けたので、今では僕の財産です!
=====
とのことです。

デザイナーと思えない経歴ですw

昨日は、代田橋にあるマイクロソフトへ撮影に行きました。
今月、Xboxは大アップデートで、著しく進化を遂げます。

全ソフト(だったはず)がHDDへインストールできるようになり、ドライブ音や読み込みが大幅に解決されます。
そして、OSも進化して、自分のアバターを作ることが出来るようになります。

元々、Xboxユーザはお互い、どんなソフトを過去にプレイして、今現在何をしているのか?というようなことでプレーヤー同士が、繋がっていましたが、今回のOSアップデートでアバターを製作することにより、より視覚的な部分で身近になります。

そんなことで、私はマイクロソフトへ行って、一足先に触ってきましたが、アバターを弄るだけで楽しいのでしたw
WiiのMiiよりも、もっと造りこめる、けど、複雑な操作は要さない。
Miiでは造形的に限界があったので、より似せて造れるということは、自分の分身として愛着が湧きます。

『ギアーズ オブ ウォー2』や『コール オブ デューティー』の最新作など、海外版でもドンとこい! の人は更に名作やビッグネームが目白押しの、この年末。

ゲーム好きを自負するならばXboxへ集うべし!
組曲「展覧会の絵」(「ラヴェル」編曲)
http://jp.youtube.com/watch?v=k_98452AxFI

スビャトスラフ・リヒテル(ショパンの練習曲の作品10の4)
http://jp.youtube.com/watch?v=Ty-kVEQVeog


私は、鉄のカーテンのこっち側

石川曰く
『譜面を正確になぞったところで、それだけではスウィングしているとは言えないのだ。』

佐山さんがよく言うストロングスタイルもそうだけど、

ヴィルトゥオーシ(virtuosi)はポピュラーじゃないからね。。。ただ、今のPOPだって、答えを見出せていない現実があるなら、惰性のコンサバティブより険しくてもプログレッシブを選択する。

プログレッシブは異質ではなく、ベーシックを前進させただけだから、単純に難解だという解釈をする気もないし、構築⇒破壊⇒考察⇒再構築という、私は極めて純度が高い“スタンダード”だと思うけどね。

道化師になる気がないよ私は。
質実剛健“だけ”になる気もないけれど。


極論を言えば、支持の数がひとつの答えだと思うし。



今日は早起きしたから6時にクラシックスタイルの朝食
納豆に鮭に味噌汁に漬物。
この時代だから、ある意味プログレスに感じるわ。

スウィングするばかりがリアルじゃない。

いっけん無骨、ギクシャクした緊張感、装飾されない剥き出しの骨組みは“素”。

 

素は元素

 

バロック様式や桃山文化より

 

室生寺のような“自然との調和”こそいとおかし。

 

素への回帰。

 

naturalに

 
organicに

 

 

次回、クラシックの装い(笑)
最近『ギターヒーロー エアロスミス』なるソフトを購入しました。

私の聴く音楽といえば、洋楽8の邦楽2の合わせて10ですから、洋楽をフルコーラスで収録されている初代『ギターヒーロー』は海外版を購入したほどでしたw

今回はそのエアロスミス版ということで、飛びついたわけですが。。。選曲に問題ありやった。
なぜ!?エアロ復活の立役者的アルバム『Permanent Vacation』から楽曲が少ないのか?名盤『PUMP』や超名盤『get a grip』初期の名盤『Toys in the Attic』などからの収録に集中すべきだったのではないのか?とげんなりorz

ま、そんな心を癒すため、ゲームではなく、好きな音楽漁り開始。

よく、落ち込んだときや、悲しいときに勇気や元気を音楽からもらったと聞きますが、私は音楽から力(人生の支えになる)をもらえるのかと確認チェック。

えーっと
『Deep Purple』は“Space Truckin'”から
※ネットの直訳を駆使しての和訳なのであしからず

俺たちは金星では幸運だった
火星じゃいつも最高だ
オモロい人たちと逢って
天の川を揺り動かした
俺たちはBorealiceと一緒に踊る
俺たちは星をめぐるトラック運送屋
さぁ来い!トラック運送屋

・・・・・・

人生の支えになるような歌詞やないけど、なんとなく力強い気持ちになれるw
こんな歌詞でもヒットするんやから、底知れぬパワーが眠っているんでしょうね。

というか、わたし本気で落ち込んだ記憶がないのですw

そんなトラック運送の歌!どうぞ聴いてみてくださいw
http://jp.youtube.com/watch?v=VSinBCpsrY0


ちなみに、『Deep Purple』とも縁の深いドラマー『cozzy powel』の超名曲“DANCE WITH THE DEVIL”は実はバトラーツ代表石川さんの入場テーマでもありんす。
うひょー!カッコいい~。
この選曲はイイですね。なによりドラムソロを選曲するか!という、そして、ツインのバスドラがドコドコいって、ギターリフが入ってくる!
派手に飾らず、“ネイキッドな質”を重要視する石川イズムは選曲も質重視でナイス!
http://jp.youtube.com/watch?v=NO_fx1WshCA&feature=related


繋げれば、まだまだ洋楽使ってる選手と繋がるんですが、キリがないのでw

まぁ、石川さんに教えてもらってるからバトラーツ、バトラーツ言ってるんじゃなく、実は、バトラーツを観て衝撃を受けたんですよ。。。プロレスしている私が。

“理念を持って”技術を所持するということは、こんなにも面白いものを魅せれるのか!と。
今までも練習はしてましたが、嫌いだったのに。。。練習に行かなくては!と心から思えるほど技術の所持欲が沸いてしまって。
いつもの奈苗さんと夏樹の練習に対する“強い姿勢”の影響(一緒にいるとびびるほど、練習をしているのでプレッシャーw)もあるんですが、自分から練習というか、その技術が欲しくて仕方がない、そして、その技術で“女子の私”が色々な興行でフィードバックしたら絶対面白くなるだろうなと。

フリーという立場なので、最大限に活用して暴れまくれるぞ!と、それに、仲間に奈苗さんと夏樹という女子最高峰の選手がいるし、これは今までにないプロレスが出来そうだな!と。

正直、プロレスで魅せるっていうのは、派手な方向に行きがちやけど、実は固唾を呑んで見守ってしまう技術のぶつかり合いとか、F1のように常にシフトチェンジして、そのカーブに合わせたシフトで、最大のポテンシャルを引き出し続けるという連続性から生まれる魅力というか、色々な見所があって、あくまで“私にとって”はそのベクトルがベストかな~と思ってます。

石川さんもそんなに若くないので(すんまへん)、観るなら今しかないんですよ!と。澤さん日高さんはじめ、なぜ石川さんからトッププレーヤーが輩出され続けるのか、“動くルーツ”としての石川要するバトラーツを観戦することは、男女のファン関係なしにその目に焼き付けても得をすることはあっても、損をすることはないんじゃないかなと、強く思うのであります。

そして、興行のコンセプトに合わせて、私の無段変速トランスミッションで必要なものを抽出して行けばいいんですよね!

パッション・レッド最大の強みと、今までの女子にない試みは、3人とも先生が男子ベースで女子に持ち込んでいることですかねぇ?奈苗さん。
男子は団体間や海外、その他の格闘技との交流が激しいので、技術の交流も盛ん。その中にパッレーが飛び込んでプロレスを学んでいる。
それを、奈苗さんが女子スタイルと違和感なく調和するように、調合する。この絶妙なさじ加減のセンスが奈苗料理長の腕前だな~と一緒に戦いながら感心していますw

今の時代、自分がさっさと取扱説明書のように、ガイドブック的な解説をしたほうが、観る方がより深く楽しめるかなと思ってガイド(NEOの甲田社長もブログでNEO観戦ガイドしちゃってます。同じやわw)してるんですが、こんな長文になってしまうところがちょっぴり未熟。
ムネタツ編集長に日記の校正を頼むわけにもいかないので、部屋のゴミを捨てれない私は、無駄な文章も勿体無くて捨て辛いw
結局、性格は部屋にも文章にも同じように表れるということが分かりますw

ちなみに、2割の邦楽でよく聴くのは、『小椋佳 』とか『テレサ・テン』とかが中心w
私の大嫌いな言葉『技の説得力』

『技の説得力』。。。は?誰が使い始めた言葉なのか嫌気がさすほど、野暮な言葉。

そんなに技自体に説得力があるのなら、ゴングと同時に使えば良い。

もちろん、勝ち負け以外にも、魅せるということが必須なプロレスでは、そんな無茶なことをする人は滅多にいないでしょうけれど、その言葉が蔓延していることが解せない。

女子では奈苗さんや、男子なら真霜選手など、なぜ試合高打率打者なのか。
【『“ダメージの蓄積”状況に応じた適切な技のセレクト』の“積み重ね”が試合の説得力を生む。】訳です(センスやその他にも要因はあるのでしょうが)。

そもそも、こういった試合巧者達は大技に頼ったりしません。ダメージ状況と魅せることを共存させるため、残りわずか数センチの体力メーターに、フィニッシュとして“相応しい”技として、ナナラッカをセレクトすることがあっても、ナナラッカ頼みの試合はしない。

技の説得力×
試合の説得力○

スト2的に例えれば、リュウ使いが昇竜拳、ザンギエフならスクリュードライバー“だけ”に固執するようなものです(笑)。遊びなら大いに結構ですが、それこそが試合構築の破綻を招く、試合の良し悪しの分かれ目。

さらに、関節技で言えば、
技を出して、極まらなければ“甘い”ただそれだけ。
技を出して、極まれば“終わり”ただそれだけ。

いつの日だったか、パッション密会を開いていたときに、「プロレスはダメージの蓄積なんですよ!」と夏樹がしきりに語っていた。遠くからその言葉 が耳に入ってきて“同じこと”を考えているんだな~と思った。そして、それは目の前にいる奈苗さんはいつも試合で体現してるから、私たちにも自然と染まっ ているのかもしれない。

すなわち、パッション・レッドの試合がなぜ面白いのか! それは、MAXの情熱と体力メーターの読みに長けているから(笑)
パッション・レッドが『NEW GENERATION』から『2nd IMPACT』に変わるのか!?1月10日パッション・レッド初興行『1PASSION』。
『3rd STRIKE』を迎える日まで、パッレー3人は粋に走り続けます。

**
□パッション・レッド興行の開催が決定

『1PASSION』
★1月10日(土)板橋グリーンホール(18:00)

≪料金≫
パッションシート(最前列)5000円(限定グッズ1パッション付)
指定席  3500円
※当日はそれぞれ500円増し

≪発売日≫
11月16日(日)
※12日のNEO後楽園ホール大会で先行発売

≪発売場所≫
ぴあ、後楽園ホール、チャンピオン、アメリカン

高橋奈苗 曰く
『本気の熱い女軍団パッションレッドが遂に初興行!この熱さを業界全体の絶対温度にするべく選手、見てくれる皆さんに挑戦状を叩きつけます。止まらない進化をぜひ体感しに来てください。パッション!パッション!』

華名 曰く
『このご時世、フリーのユニットが興行ですよ! パッションレッドのこの覚悟exclamation ×2どうか皆さんの胸に届きますように。パッション!パッション!』

先日の、『女王蜂』でつかった入場曲は大傑作ソフト『大神』の“太陽は昇る” 普段の興行とは、コンセプトが違うので、テーマ曲から変えるべきと判断しました。
私の大好きなゲームクリエーターである、元カプコンの三上、神谷、稲葉の三氏が名を連ねた、クローバースタジオ(現在の三氏はプラチナゲームズにいます)の大作ソフトです。

私のガウンは着物、及川も興行ポスターのいでたちが着物。
それに、及川が提唱していたのは、女の喧嘩=極道の妻か(?)
すると、きっと和風の音楽で入場してくるだろうと、それに対する私も普段と違うコンセプトということや、試合内容を想定するとシリアスな和風の音楽で、メインでのお互いを聴覚的にも視覚的にも調和させた方が良いという判断。

候補に考えたのは、津軽三味線の名手“高橋竹山” これには、相当悩んだ。

津軽の盲目の三味線弾きが、紡ぐ音は、三味線の音だけでも十分な情景が出てくる。
一方、太陽は昇るも雅楽的な旋律から始まって、和の様式美を演出する。

末にでた結論は、大神の『太陽は昇る』
理由はどちらでもよかった、ただ、そのときの体調が、そうさせたんだと思う。

私が普段使っている、オリジナル曲“情熱浪漫乙女”(絶賛発売中)は、ボーカル入りでアニメソング調に創っていただいた最大の理由は、引退前に使用していた『さくら大戦』の“帝国歌劇団”からの流れを汲んで、私のことを知っている方たちが、今までの華名イメージを損ねないで、感情移入しやすいようにという考えで作曲してもらった。 アニメソング調の利点はキャッチーでポップだから、テンションが上がりやすいから、会場の大小や、地方での一見さんでもノリ易いし、入り込み易い。 変わりに、シリアスだったり、ここ一番というときには軽くなる可能性がある。 そんなことを考えながら、入場曲をセレクトしているのでした。

=====
11月2日華名イベント告知
▲『華名誕生日&復帰1周年イベントinアームロック』
▲『日時』
11月2日(日)18時~
▲『場所』
パールタウン 東京都足立区竹ノ塚1ー41ー1 UFJ銀行2階
▲『アクセス』
東武伊勢崎線竹ノ塚駅東口より徒歩30秒(駅前ロータリー内)
▲『参加料金』
6,000円(飲み放題・軽食付)
▲『申し込み・問い合わせ』
パールタウン ※TEL03-3884-5054 担当 山根(平日20:00まで)
▲『内容』
トークショー・ゲーム・写真撮影などなど盛りだくさん

※参加希望の方は直接私へメッセージください。
お名前と連絡先も添えてくださいねんわーい(嬉しい顔)
↓↓↓↓↓
info@kana-kana.jp
どこそこで、練習をしている。
よく聞く言葉ですが、そんなことを軽い言葉では言いたくないほど、私は本気でした。
練習しに行くというよりも、出来る限り通いつめていました。
バトラーツのある越谷へは乗り換えや、移動を含めれば片道約二時間ほどかかります。
他に、デザインやイラスト、ライターの仕事や打ち合わせもありますが、最優先は石川代表のもとでの練習。

事の成り行きはこうでした。

“私自身の追及するプロレス”の道に、幾つかの疑問の石が転がっていました(います)。

プロレスに無駄なロープワークは必要なんですか?
無駄なフォールは必要なんですか?
派手な大技よりも、地味でも極め技になってしまうほど、技術を磨き続ける方が大切じゃないんですか?
気を抜いたら、いつでもどこでも極まってしまうような技こそ、本来“技の説得力”と定義されるべきじゃないんですか?

こんな、疑問のやり取りから、石川代表に練習を誘われて、はや数ヶ月。

女子では今までにない、格闘スタイル重視のコンセプトのもと(元来のプロレスへの帰還と私は考えています)『女王バチ』が発案されました。

私は、復帰後沢山の興行に参戦させていただいていますが、参戦する興行ごとには大なり小なり主催者が望むコンセプトがあります(あると思っています)。

それを、自分の中で昇華して、プロレスをするわけですが、今回の『女王バチ』のコンセプトは、過去に前例のないコンセプトの興行なだけに、思考も試合も相当覚悟が必要だなという思いでした。
そして、メインでの対戦相手となる、及川千尋選手はプロレスのデビューさえ間もなく、プレッシャーは他の選手とは比べ物にならないものだったことでしょう。

プロと名乗る以上、コンセプトに沿った試合が出来なければ、『女王バチ』という興行の意味も、ましてや、自分の意味さえ失います。
さらに、第1回目の興行ゆえ次回に継続させるため、良い意味で期待を裏切れるような、ハイパフォーマンスの試合をすることがベストです。

そして、この及川とのメインが、今後の格闘スタイルのプロレス(女王バチ)の定義づけになりますから、周囲の理解や応援はとても重要なことでした。

パッション・レッドとして、ユニットを組んでいる、奈苗さんや夏樹が私のスタイルの拡充を寛大に受け入れてくれ、普段継続参戦している試合の中でも、違和感のないようにサポートしてくれました。
むしろ、それを生かしてPRのカラーの一部として定着するほどの助けまでくれました。

1試合目は、同朋の夏樹です。
私は控え室で観ていましたが、流石は夏樹コンセプトの理解も、技の切れも抜きん出ているな! と思い観ていましたが、勝った本人はというと、“出来る選手”の“ジレンマ”でしょうか、納得していない様子。
こういう志と向上心が明らかに高すぎるところ(奈苗さん譲り)が、夏樹の素晴らしさなんですよ。

そして、メインでの及川はデビュー間もない選手とは思えない、堂々とした佇まいと、着物を脱ぐとピンクのコスチュームというハイコントラストなインパクト!
今日の及川は絶賛に値するのではないでしょうか!
メインで及川と試合が出来て本当によかった。

試合内容は、売店での皆さんや、周りの方から褒めていただきました。

凄く嬉しかったのは、スパルタで有名な滅多に褒めない奈苗さんから、賞賛メールが来たので、「嬉しいですが照れますネ(ハート)」的な返事を返したら、七夕並みに一年に一度しか褒めないよ! というなんともイケズなメールが来ました。遠っ(笑)

ともかく、本日のNEOでも奈苗さんが言いましたけど、来年はパッション・レッドで興行します。
結成間もない女子のユニットで興行するという偉業。

フリー集団であるユニットが興行をするということも、たぶん前例がありませんし、成功したら快挙かと思うので、それまでに更に技術力も集客力も増すような、魅力ファイトで頑張ります。

今日の女王バチ観れなかった人は、もったいないかもなぁ。。。観せてあげたいけどDVDとかでないのかなぁ?

今日の日記は上手くまとまらない(><)ほな
今日は、DDTさんのドロップキックにて1日店長です。
ただいま粕汁を仕込み中!
雨降りなので、お気をつけてご来場ください。
こんな肌寒い日には、私の創る粕汁で温まるべし。
美味しさには注意してお食べくださいw
あ!!そして、今日はなんとわたしのテーマ曲のCDも販売します。
CDのプレスが終了したようで、本格的に販売開始となる前に、本日はこっそりフライングでドロップキックにて販売しますので是非。
=====
明後日は、NEOでパッレー6人タッグメインです、そして、『女王バチ』もあります。
NEOでの試合を控え、本日昼間からお好み焼きを三人で突きながら、密会をして作戦会議。
ただ勝つだけではダメ。
ガンダムでたとえるならば、ジェットストリームアタックのときの3体のドム連携のように、ドラマティックに攻めなければいけません。
その後は、佐山さんのジムへ3人で向かい練習、ドロップキックへ向かうため、私だけ早々に切り上げました。
『女王バチ』の第一試合目は、パッションレッドの弾ける太陽こと夏樹蜂です。
そして、メインではわたくし、パッションレッドの浪漫こと華名蜂でありんす。
NEOから女王バチまで、パッションレッドで始まり、パッションレッドで締めることが出来るのか!
明後日は、華名蜂と夏樹蜂は、ミツバチからスズメバチへとランクアップを賭けて闘ってきます。ので、本日はドロップキックでお待ちしておりますw
今日はWAVEで試合でした。

GAMIさんとのシングルでしたが、試合内容はUチックというか、格闘フレーバーが濃い目の試合になりました。
GAMIさんの掌打で、どうやら脳震盪になりまして、気がついたら控え室w

試合結果は、なんとかドローになった様子で、決着は次回(いつか)へ持ち越し決定(?)のようです。

試合後もなかなか評判が良く、褒められるもこういうときに限って、記憶はないわお客さんは少ないわ。。。

いつも、おもってるんやけど、WAVEて結構観ていた人はラッキー的な試合になることが多いんですよ!

今日は、他にも桜花VS空戦が、なんやら声出したほうが負けマッチ(?)みたいのがあって、盛り上がった様子。

今度は、私がVS空 戦で笑ったら負けっちゅー、なんともしょうもない1戦があります(笑)
笑うな言われると、リングインの時点で笑てしまいそうやなぁ。。。(><)

ニッチではあるけれど、二度と見れないようなカードや試合形式でミラクルが起き得る、WAVEは実は侮れない存在なんですよ。
本日は、NEO大阪大会にご来場いただき、ありがとうございました。

おかげさまで、会場は埋め尽くされ満員でした。

大阪のみなさん! 初パッション・レッドどないでした(自慢げにw)!?

パッレーには女子プロの要素がたっぷりと詰まって。。。いるんです(笑)

なにしろ、チャンピオンが仲間にいますし、ユニットでの仲の良さにも敵はない!

そんなこんなで、どうにか皆様のおかげで大いに盛り上がりました。

さて、私の帰路はそのまま東京へ戻らず、お母さんのいる実家に帰宅。

家で豊後牛の焼き肉を、ペロリと平らげました。

食後に待っているのは、堂島ロールや551の豚まん(笑)にチーズケーキ。

明日はお母さんと、久しぶりに京都へ遊びに行きます。

東京に戻ったら、年末にかけて忙しくなりそうあせあせ(飛び散る汗)

=====
前日に行った、東京ゲームショーではアクワイアブースにいた、菊タローさんに会いに行きましたw
そして、マイクロソフトが用意したVIPルームにて『FABLEⅡ』をプレイw

待ち焦がれた『FABLEⅡ』は期待以上の出来になりそう。
あと、気になったゲームは『バイオハザード5』。プレイはしませんでしたが、三上さんの残した『バイオ4』を超えることが出来るのでしょうか?
 
久しぶりに、昼間になにも予定がない(何週間ぶりだろう。。。)、ということで、徹夜の気合でゲームをしようと思い立つ。

選んだソフトは『ピニャータ2』。
前作も遊んだ庭を造って、変な動物ピニャータを我が庭に呼び込むゲーム。

ピニャータのパッケージの裏には説明があります。

『ピニャータ』ってなあに?
海外のパーティなどで使われる、カラフルな紙で出来たくすだま人形のこと。中にはキャンディーなどのお菓子が入ってるんだよ。

だそうですw
謎が深まるばかりです。
一見パッケージを見ると購入を躊躇してしまうようなデザインですが、ゲームの中身はなかなかハマってしまうしっかりとしたゲーム性と、キモカワイイ『ピニャータ』と住人達(マジで狂ってる人たちが多い)が織り成す、理解されづらいけど、理解したらその濃ゆいゲームの世界にどっぷり浸かってしまうほど。

と、気合を入れてプレイしましたが、ピニャータダンスを観てるうちに、眠くなってしまいあっという間に就寝w

ただいま開催されている東京ゲームショー、一番充実したブースを展開しているのはXbox陣営のようですね。
日本のメーカーはいったいどうしたんでしょうか?
このままだと次期ハード抗争の時にXboxに市場を奪われかねないですよ!
私はオンリーXbox派(WiiもPS3も持ってるけど)なので、桜庭選手が一気にプライドを駆け上がって行ったような姿を、Xboxを通して見れそうで嬉しいですけどw

辛いことをいえば、DSiはほんの少し画面を大きくして、30万画素のカメラを付けただけで、値段は上がるわ、なによりバッテリーの持ちが悪くなるわで、どこを目指してるんでしょうか?
PS3も、HDDの要領をちょっとばかり大きくして、値段を据え置いても(たとえ同梱のソフトを付けてもユーザが欲しいソフトとは限らないので)市場のHDDはもっと値崩れ起こしてるし、PSで育てた『鉄拳』までXboxに奪われてオンリーコンテンツを逃がしました。

MSマネーの傘の下でと揶揄されながらも、地道に頑張っていたのは実はMSだったということでしょうか。

一瞬気を抜いたら、滑り落ちてしまう自由主義競争のど真ん中にいるのです。
これはプロレスも一緒。
キャリアや実績を度外視して、プロレスの向上に日々打ち込む奈苗さんの姿こそ、私が見習うべきものであり、各選手がプロレス市場の1コンテンツとみなせば然るべき姿勢なはず。

無理のある市場形成には、この度のアメリカ金融の崩壊のように、あるべき姿への浄化作用がはじまります。
常に本物を追求して、提供し続ける姿勢。
バトラーツの石川さんがよく話をされるのですが、贋物はいつか底が見えて、周りが気がついてしまうときがくると。

フリーの奈苗さんが、短期間でベルトを握ったことは、非常に意味のある事になるかもしれない。し、そうならないかもしれない。
団体所属の後ろ盾がない選手に、大一番の舞台でベルトに挑戦させた甲田さんもチャレンジングだし、結果を残した奈苗さんも流石だと思うけど、この出来事が偶然ではなく必然だったといわれることになるよう、同じユニットの仲間として、パッション・レッドも含めプロレスを妥協無く盛り上げていかなければいけないと思いました。

話は変わるけど、先日のWAVEも春日の誕生日ということを抜きにしても、平日での興行で入場者が増え始めたことは、GAMIさんがニーズを握んでるんだろうなぁ。
団体間でお客さんを奪い合っても、所詮結局は市場の絶対数からの奪い合いなだけで、理想は全ての団体の入客(新規)が少しずつでも伸びて、そのなかで団体の規模の大小バランスが形成されることが望ましいし、私は少しでも、女子プロの世界に足を踏み込んでもらえるように導かなければと思う。

ゲームからプロレスへ自然な流れの日記でした(上手くまとまったカナw)。

何はともあれ、12日の大阪大会は『パッション・レッド大暴れの巻』
次のページ >>
プロフィール
HN:
華名
年齢:
36
性別:
女性
誕生日:
1981/09/26
職業:
プロレス&ライター
自己紹介:
一時プロレスを引退するが復帰。プロレスラーでもあり、ホームページ・チラシ・ポスター等の製作会社『デザインオフィス華名』を立ち上げ、ゲームハードのXbox360が好きということで『ファミ通Xbox360』のライターもしています。

◆大阪芸術短期大学部卒業後、広告代理店でデザイナー となる。
◆2003年6月プロレス団体アルシオンに練習生として入 る。
◆デビュー戦…2004年6月16日
 東京・後楽園ホールにおけるvs玲央奈
◆タイトル歴…全女タッグトーナメント04準優勝
 (パートナーは堀田祐美子)
◆得意技…ロマンアタック、ロマン固め、ロマティストプレス
◆プロレス引退後、デザインオフィス設立
◆2007年9月22日 VS高橋奈苗でプロレス復帰
バーコード
ブログ内検索
最新コメント
[12/17 陰陽師]
[12/16 けんち]
[12/15 チーム桜畑]
[12/14 モテナイもぐら]
[12/14 秀ポン]
最新トラックバック
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]